ベトナム旅行!ホーチミンnavi Top >  旅行三昧 >  ホーチミンでグルメ三昧

ホーチミンでグルメ三昧

ベトナムは古くから中国文化の影響を受けてきましたが、フランス統治時代にはフランス料理からも大きな影響を受けました。アジアには似通った料理が数多くありますが、ベトナムはそうした環境でアジアでも独自の食文化作り上げてきています。タイ料理ほど辛くはなく、しつこくもなく、素材もお肉やシーフード、野菜のバランスがよく、私達日本人の口にもかなり馴染む料理だと思います。一口にベトナム料理と言っても、伝統的なものには北部と南部では使う素材も味もかなり違いますし、中部のフエ宮廷料理などはかなり中国料理と近いものがあります。

ホーチミンの街中には、そんなベトナム料理を楽しめるレストランが星の数ほどあり、シックな高級店や新ベトナム料理とも言えるキュイジーヌの店、ゴージャスな宮廷料理などハイクラスのお店から、炒飯や麺料理、ベトナム風お好み焼きとも呼ばれるバイン・セオなどが気軽に味わえる大衆食堂のようなお店まで、予算や気分で様々な形態が選べます。麺料理といえば、ベトナムでは米の粉からできたフォーが有名ですが、ホーチミンでは本場のハノイ風のものからシーフードを使った南部風まで、大手チェーン店や庶民的食堂、街角の屋台などいたるところで楽しめます。

また、フランス統治時代の名残りもあり、かなり本格的なのがフランス料理店で、しっかりしたコース料理からアジアンフレンチまで揃っています。ちょっと日本料理が恋しくなった、なんて時にはファングーラオエリアに行けば、リーズナブルな価格で定食物などもいただけます。ところで、ホーチミンのレストランではかなり高級なところでもドレスコードを要求されることは殆どありませんし、マナーも煩いところはありません。また予約も不要のところが殆どですから、割と気軽な気持ちで出かけられます。

ベトナムといえば、南国フルーツが美味しいことでも有名ですが、カットしたフルーツや、そのフルーツを使ったドリンクやスイーツが街角のお店で気軽に味わえますから、街歩きでヒートアップした身体を癒すには最適です。また、街を歩いていると様々な屋台や売り子を見かけますが、私はベトナム風アンミツとも言われる小豆や蓮の実、果物の入った冷たいチェーに目がなくて、その売り子を見かけると黙って通り過ぎることができずにいつもそこで小休止してしまいます。できたての柔らかい豆腐に黒蜜をかけて生姜の薄切りの入ったデザートが好きな友人もいました。

オヤツとしてよく食べていたのが、フランスパンにパテや野菜などのベトナムの具を挟んだベトナム風サンドイッチのバイン・ミーで、朝食や昼食にしても最適です。それと、ホーチミンでは忘れてはならないのがカフェで、フランス統治時代からカフェ文化に華が咲いていましたが、世界第二位のコーヒー豆生産国でもあり、近年TURNG・NGUYENというベトナム資本のフランチャイズチェーン店が街のあちこちで見かけられます。

街角のコーヒー屋台でもよく見かける、練乳入りカップにフィルターをのせて濃いコーヒーを落とす方式が売りですが、暑い国ではこうした甘くて濃いコーヒーが意外と美味しいのです。ドンコイ通り界隈では、洒落たフレンチ・ヴィラ風のカフェやエスプレッソマシンを導入した外資のカフェもありますし、またファングーラオ通り界隈ではリーズナブルでのんびりしたカフェもありますから、コーヒー好きな人には様々なカフェ巡りなども楽しいですね。

旅行三昧

ホーチミンホーチミンはベトナム第1の商業都市ですから、全国から精密な手工芸品やシルクなどが集まっています。ハイセンスな街らしく、洒落たアジアン雑貨やキュートなファッションも見逃せません。また、お土産にも最適なキッチュで質の高いものがリーズナブルな価格で手に入れることのできる買物天国です。アジア料理とは一味違うフランスのエッセンスが入ったベトナム料理やカフェ文化と、グルメにも魅力一杯の街です。

関連エントリー