ベトナム旅行!ホーチミンnavi Top >  ホーチミン観光info. >  ホーチミンシティの移動手段

ホーチミンシティの移動手段

ホーチミンシティの中心部は、およそ2キロ四方のエリアに入りますから、無理すればすべて徒歩で移動できますが、暑さなどでへばってしまったりしますし、時間の有効活用という点でもタクシーなどの交通機関を利用するのが望ましいです。朝夕のひどい交通ラッシュ時には到底利用できませんが、市内は広い道路が整備されているため、日中は行き先の交通渋滞状況によってタクシーや路線バス、時にはバイクタクシーなども選択肢に入れてみるのがいいでしょう。

ホーチミンシティを走る約1万台のタクシーには、ほとんどメーターが付いていますから、きちんと使ってもらえたら、かなりリーズナブルに市内を移動することができます。会社によって違いはありますが、基本料金は1万2千ドンくらいです。ただ、中にはメーターを使わないでかなり高値でぼってくるドライバーもいますから、そんな時には交渉で食い下がらないでさっさと他のタクシーを探すのが得策です。

市内では現在のところはバスが唯一の公共交通機関で、将来的には地下鉄と高架鉄道を整備する計画がありますが、実施されるのは相当先になりそうです。バスの路線は数多くあり、市内の殆どの地区をカバーしていますが、交通渋滞の緩和を目的として、最近になって市内循環バスがより多く走るようになりました。料金も各路線ごとに3千ドン均一と安く、路線さえ分かれば利用する価値は充分あります。市内にあるいくつかのバスステーションでは、バス用の路線地図を用意しているところもありますから、多く利用する場合には出向いて入手しておくといいですね。

ホーチミンシティの移動手段
以前はベトナムといえば、シクロ(3輪自転車タクシー)というイメージがあり絵葉書にもよく描かれていたものですが、最近はあまり見かけることがなくなってきました。悪質なドライバーも多くて、1時間で2万ドンの約束がいつの間にか1時間で20ドルに変わっていたというようなトラブルも私自身の経験も含め数多く見受けられたものです。
最近では、シクロに代わってセオムと呼ばれるバイクタクシーが全盛となっており、シクロは観光用に欧米人などが時に利用しているくらいです。なお、バイクタクシーも交渉が必要で、シクロと同様に中には法外な料金を要求してくる悪質なドライバーもいますから、乗る前の交渉には注意が必要です。

ホーチミン観光info.

ホーチミンシティは1年中暖かい熱帯気候の都市で、南シナ海に面しているロケーションから、フランス統治時代には海洋貿易で発達し、ベトナム統一後にはベトナム第1の商業都市になりました。また、フランス時代の影響も色濃く残った独特の文化を持つ都市で、ベトナム北部や中部の人々とは少し違い、南国らしい開放的な性格の人々が多く暮らす街です。

関連エントリー